【大学編入体験記】H31年度 岡山大学 工学部 情報系学科(合格)

大学編入・高専

めちゃくちゃ今更なのですが,H31年度 岡山大学 工学部 情報系学科の編入体験談について書こうと思います.

岡山大は過去問も出回っておらず,編入体験記も比較的少ないため,岡山大の編入試験の受験を考えている人に少しでもためになればと思います.

なお受験したのが一年以上前であり記憶が浅いのでその辺を踏まえていただきたいです.

 

編入関連については以下の記事にまとめてあります.

【大学編入】高専からの大学編入まとめ記事【高専】
 

志望動機

私は筑波大学の情報学群情報メディア創成学類を第一志望としていたため,試験科目が比較的似ている岡山大学の情報系学科を選びました.

元々は岡山大を受験するつもりはなかったのですが,受験予定だった新潟大学が筑波大学の受験日と被ってしまったため,受験一か月前に急遽岡山大の受験を決めました(笑)

正直志望動機にはなっていませんが,岡山大は情報系の研究室が豊富なため自分のやりたいことができるような環境だったと思います.

スペック

学科:電子情報

TOEIC:780(高専4年3月)

席次:

1年 6位?

2年 8位

3年 6位

4年 4位

5年 4位

岡山大学について

f:id:take_m5:20191128114417j:plain

岡山大学は上述したとおり情報系の研究室が多く,中国四国地方では強いブランド力もあります.また,岡山駅から比較的近く,立地が良いです.

情報系学科の入試には一般入試と推薦入試の二つがあり,私は一般入試を選んでいます.配点は以下のとおりです.

一般入試
書類審査 筆記試験 面接 配点合計
100 200 100 400

 

推薦入試
書類審査 筆記試験 面接 配点合計
200 100 100 400

 

ご覧の通り,一般入試でも書類審査,面接の割合が比較的高く,筆記が全体の5割しか入りません.そのため高専在学時の成績が割と重要になってくるように思えます.推薦入試でも筆記は受けなければならないようですね.

 

コースは計算機工学コースと知能ソフトウェアコースがあり,私は知能ソフトウェアコースを選択しました.コースは希望通りにならない可能性があるみたいです.

試験

筆記試験(英語,数学,情報基礎)および面接が実施されます.

筆記試験は2時間で英語,数学,情報基礎の3科目すべて行います.(時間配分が大変です…)

一発目の編入試験だったのでめちゃくちゃ緊張しました.ちなみに私の年は15人受験していました.

筆記試験

英語

ある人物のスピーチに関する長文問題

和訳が多めでした.また,前置詞の穴埋めやoneやthe otherのさす内容等といった問題が出されました.

TOEICとは完全に別形式で,普通の受験英語といった感じでした.

1月のTOEIC以降英語の勉強をがっつりやっていなかったため普通に難しく感じました.とはいえ全部埋められたので何とかなったと思います(笑)

数学

1

(1)行列の固有値を求める.

(2)固有ベクトルを求める.

ものすごくオーソドックスな問題なのですが,固有値に根号が出てきてしまい,固有ベクトルがうまく求められなかった記憶があります…

2

(1)フーリエ変換定義式

(2)フーリエ変換の計算

まさかのフーリエ変換.授業でやった程度で,受験勉強ではノータッチなので絶望しました.ただ定義式は奇跡的に思い出して書けました.計算ができませんでしたが…

3

(1)ある関数を時計回りに45度回転して面積を求める.

(2)さっきの線形変換した関数をy=xを軸に回転した時の体積

言葉で書いてみるとそうでもなさそうなのですが,(2)が完答できなかった記憶があります…

数学全体としてはボロボロでした.どの設問も完答することができませんでした.解法はわかるのに解けないみたいな感じでしたね…

ここで心が折れました(笑)

情報基礎

情報基礎です.募集要項にも情報基礎と書かれているだけで具体的な範囲は示されていません.何が出るかいまいちわからないまま本番に臨みました.

1

(1)論理式の簡単化

(2)ビッグエンディアン・リトルエンディアンを考慮して10進→16進

(1)はそのまんまです.私はカルノー図で解きました.(2)はビッグエンディアンとかリトルエンディアンとか聞いたことのない単語が出てきて困惑しました.普通に無視して進数変換した記憶があります.

ちなみにエンディアンとはバイトの並びの方式のことで,桁の大きいほうから順番にメモリに格納するのをビッグエンディアン,桁の小さいほうから順番にメモリに格納するのをリトルエンディアンと呼びます.(詳しくは調べていただきたいです…)

2 情報理論.なんかの表がある.

(1)なんかの情報量を求める.

(2)ハフマン符号化

(3)ハフマン符号化したやつの平均ビット長計算

情報理論が出ました.これといった対策はしていなかったのですが,高専5年で情報理論を履修中でしたので意外と書けました.ハフマン符号化の問題に関しては,前日に読んでいた基本情報の教科書に載っていたのでラッキーでした(笑).全部解けたと思います.

3 リスト構造に関する再起処理のコーディング

穴埋めとかではなく,用意されている関数を使って一から書きます.2問出ました.なかなか頭が回らず,時間も足りず完答できなかった記憶があります…

情報基礎全体としてはなんとも微妙な出来となりました.数学よりはマシですが…

まとめ

思ったより問題が難しく,筆記の時点で落ちたなと思いました.編入試験一発目でこれだったので面接前にも関わらず大分落ち込みました.

ちなみに問題用紙も回収されます.(過去問が出回らない理由です.)

面接

受験番号の早い順から面接が行われます.私は最後から2番目でしたので結構待ちました.待ち時間は本や紙の資料を読むことが認められます.

面接の部屋は二つありました.どっちがどうとかはわかりませんが…

ちなみに筆記試験の時点で15人いたのに面接開始前の時点では14人に減っていました.バックレたのでしょうが,筆記が難しかったので気持ちはわからなくもないです(笑)

私は聞かれそうなことや研究,自己アピールについてまとめた程度でなぜか面接練習せずに面接に臨みました.面接の配点は400点中100点もあるので面接練習はするべきだと思います.そのうえ筆記がボロボロだったのでやる気もあんま上がらずに面接を受けてしまいました(笑).

面接では以下の順に聞かれました.

・志望動機

・得意教科

・卒業研究

・卒研で苦労している点

・使える言語

・自己アピール

・岡山の印象

・併願校とその志望順(合否に関係なし)

面接は時間を計っている様子で,10分程度でした.基本的な頻出質問集という感じですね.ちなみに圧迫面接ではなかったです.ただ各質問に対して結構掘り下げて聞かれました.特に卒研の話は具体的に聞かれましたね.突っ込まれそうなところも対策していたのですが,さらに掘り下げて突っ込まれたりしてつらかったです.岡山の印象は,暖かくて住みやすそうですねとか舐めたこと言っちゃいました(笑).併願校に関しては正直に答えました.

面接の出来もかなり微妙でした.受け答えは大体できたのですが,手ごたえはなかったです.

結果

全然自信はなかったのですが,合格しました!(正直ワンチャンあると思ってました笑)

思ったより筆記ができていたのか,他の受験者ができていなかったのか,書類審査が良かったのかわかりませんが普通にうれしかったです.一発目で受かったので気分的にも楽になりました.

15人中5人が合格し,倍率はちょうど3倍でした.

どのコースになるかは合格後,9月ごろに郵送で届きます.私は第一志望の知能ソフトウェアコースに決まりました.

結局私は合格を辞退したのですが,岡山大は普通に進学したいと思う所でしたし,岡山大に合格したことで自信がつきました.

対策・アドバイス

岡山大は過去問が出回っていないため,岡山大用のこれといった対策は正直していないのですが,受験した経験を踏まえて軽くアドバイス的なことをしたいと思います.

英語

英語に関してはTOEICをやっていれば大丈夫な気がします.ただ試験の英語はTOEICとは完全に別形式で受験英語っぽい問題が出るので,それの対策をしておくと安心かもしれません.私は1月でTOEICの勉強を終わらせてしまい,ちょっとブランクがあったので,受験一か月前から英語慣れするため&気分転換に速読英単語を読んだりAmazonで1円で買ったセンター用の長文問題の本をやったりしていました.なにかしら英語に触れ続けるのが大切だと思います.

TOEICの勉強法はこちらをどうぞ

【TOEIC】TOEIC700点を超えた音読勉強法まとめ記事【編入対策】
 

数学

編入数学徹底研究で十分戦えると思います.

しかし,31年度はフーリエ変換の問題が出ちゃいました.私はほかの編入試験ではほぼ出ないためやる必要がないかと思ってましたが…

徹底研究のフーリエ変換,ラプラス変換の章を軽くやっておくことをお勧めします.

 

数学の参考書についてはこちらをどうぞ

【大学編入対策】数学のおすすめ参考書
 

情報基礎

上述したとおり,範囲がよくわからない情報基礎です.

論理回路や進数変換,数値表現に加えプログラミング,さらに情報理論もやっておくと安心だと思います.ただ急に傾向が変わったりするかもしれないので何とも言えないです.個人的には基本情報の教科書を軽く読んでおくことをお勧めしたいです.

以上です.参考になるかはわかりませんが受験される方はがんばってください!

何かあればコメントどうぞ.

コメント

  1. 武田一磨 より:

    こんばんは、僕は今年岡山大学の情報学部の編入試験を受けようと考えています。体験談拝見させていただいて、とても参考になりました!そこで、質問があるのですが、情報基礎のリスト構造に関する再起処理のコーディングが出題されたとありますが、プログラミング言語は何で書きましたか?あと、数学は特に微分積分、固有値を特にするべきでしょうか。それとも、全体的にやっておいた方が良いでしょうか。

    • take_m5 より:

      コメントありがとうございます.

      過去問が手元にないので確信はありませんが,コーディングの問題の言語はCだったと思います.とりあえず,Cが読めればわかる言語でした.
      記述もCで書きました.曖昧な回答で申し訳ないです…

      数学は微分積分と線形代数を中心にやるといいかと思います.固有値は線形代数からの頻出分野なので.
      「編入数学徹底研究」などの編入用の数学の参考書を一通りやっていれば,全然試験で通用するかと思います(私はボロボロでしたが笑)

      今年度の編入試験がんばってください!応援しています!

      • 武田一磨 より:

        返信していただきありがとうございます!
        充分参考になりました。
        あと約3ヶ月半頑張ろうと思います。
        応援ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました