マイコン「M5Stack」の紹介&使い方【商品レビュー】

IT

小型マイコンモジュールのM5Stackについて紹介していきたいと思います!

M5StickVの紹介記事はこちらから

AIカメラ搭載マイコン「M5StickV」の紹介&使い方【商品レビュー】
 

M5Stackとは

M5Stackとは,中国のM5Stack社が開発したマイコンです.

ディスプレイやスピーカーなどを備えており,これ単体でいろんなことできます.

さらにESP32を搭載しており,Wi-Fi通信やBluetooth通信が可能です.Groveポートもあります.

詳細はM5Stack社の公式資料(英語)スイッチサイエンス様の購入ページ(日本語)にいろいろ書いてあります.

開発はArduinoの他,UIFlowというものが使えます.

UIFlowとはWebベースのプログラミングツールの事で, ビジュアルプログラミング言語BlocklyとPythonの両方を切り替えながら開発できます.

M5Stack Basic

価格は3600円ほどです.個人的には安いと思います(笑)

M5Stackの購入方法

私はスイッチサイエンス様で購入しました.

M5Stack Basic - スイッチサイエンス
最も基本的なM5Stackです。M5Stackは、320 x 240 TFTカラーディスプレイ、microSDカードスロット、スピーカーを備えたコンパクトで便利な開発モジュールです。ESP32を搭載しているため、Wi-FiおよびBluetooth通信を扱え、Arduino環境での開発が可能です。さらに専用の拡張モジュー 

M5Stackには何種類かあって,私はBasicを購入しましたが,在庫があるならばGrayを買ってみてもいいと思います.

数百円追加するだけで9軸センサとかついてくるので.


ちなみにAmazonでも買えるみたいです.↓


M5Stack拡張可能なマイクロ制御モジュールWiFi Bluetooth ESP32開発キットArduino LCD用2インチLCD ESP-32内蔵ESP8266 (1セット)

M5Stackの使い方(Arduino IDE)

USBから電源供給するとなんか表示されます.

電源は側面の赤いボタンを2回押すと消えます.1回だとリセットです.

(USBから電源供給時などは消えない場合がありますが…)

Arduino IDEをインストール

開発はArduinoとUIFlowの2通りがあるのですが,今回は私も使っているArduinoを紹介したいと思います.

Arduinoの方が利用者も多く発展(?)しているので,参考になる資料などが多く,開発しやすいように思えます.

UIFlowはブロックでプログラミングできるため,初心者向けといった感じですかね…


初期設定についてはここにいろいろ書いてあります.

M5Stack - A series of modular stackable development devices
M5Stack Documentations - Modular Rapid Product Development Toolkit, based on ESP32. ESP32 is a series of low cost, low power system on a chip microcontrollers w 

Mac,Windowsの二通りの資料があるので,それぞれ参考にしていただけたらと思います.

UIFlowに関するものもありますのでそちらを試される方はどうぞ.


ここより,Arduino IDEをダウンロードします.

ちなみに私はZip形式でインストールしました.

シリアルドライバーをインストール

ここより,CP210X Driverをダウンロードします.

WindowsやMacなどそれぞれに応じたものがありますので,自分の環境に合わせてください.

ダウンロードしましたら,解凍して,
32bitの場合,CP210xVCPInstaller_x86_vx.x.x.x.exe
64bitの場合,CP210xVCPInstaller_x64_vx.x.x.x.exe
を選択して,インストールします.

インストールしましたら,M5Stackをパソコンにつなぎ,デバイスマネージャーを開いて,シリアルポートナンバーを確認します.

この場合,COM8ですね

ESP32 Boards Managerをインストール

Arduino IDEを起動して,設定を行います.

起動したら,ファイル->環境設定を選択し,追加のボードマネージャーのURLの右側をクリックします.

そして,
https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json
と入力してOKします.

次に,ツール->ボード->ボードマネージャーを選択します.

そして,ボードマネージャーよりesp32と検索し,出てきたものをインストールします.

M5Stackライブラリをインストール

Arduino IDEより,スケッチ->ライブラリをインクルード->ライブラリを管理を選択します.

ライブラリマネージャより,m5stackと検索し,「M5Stack by M5Stack」と書かれているものをインストールします.

動作確認

M5Stackをパソコンにつなぎます.

ツールより,
ボードをM5Stack-Core-ESP32
Upload Speedを921600
シリアルポートを先ほどデバイスマネージャーで確認した番号に合わせます.

サンプルプログラムを実行してみます.

ファイル->スケッチ例->M5Stack->Basics->Hello Worldより画面上にHello Worldと表示するプログラムの例を読み出します.

そして画面左上にある矢印ボタンをクリックして,M5Stackに書き込みます.

成功するとこのようにHello Worldが表示されます.

このArduino IDEにプログラムを書いてM5Stackにプログラムを書き込むことで開発ができます.

最後に

今回はM5Stackを紹介しました.

Arduinoとは違い,最初からディスプレイやWi-Fiが搭載されており,すごくポテンシャルが高そうなマイコンだと思いました.

これを使えばいろんなものをIot化できそうですね!

もちろんArduinoのように各種センサーも使うことができます.

以上です!何かあればコメントどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました